2011年7月25日 (月)

さらに移転

心機一転 レンタルサーバーにて新ブログをはじめました。                           

SINのモバイル修行3rd

http://sinmoble.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

心機一転 お引越し

5月からまったく更新をしていませんでしたが、引越しをして心機一転をすることにしました。

新URL http://plaza.rakuten.co.jp/sinblog0616/

まだ見ていただける方はぜひお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

原点回帰

BluetoothDUNが使えるようになって気がついたのは、

なぜaximからIPAQ212に乗り換えたんだっけ?                      

そうだW05Kだとクロックを落とさないといけなかったんだ・・・                    

でもAximX51V(WindowsMobile5)に戻るの困るだろうなぁ・・・

でもなんに困るんだろ・・・ もしかして困らない・・・・                 

AximX51Vの方がコンパクトだし軽いし・・・・ 戻ろうかな

ということで先週よりAximX51Vに戻りました。正直言ってコイツが最初のPDAだったんですが、いろいろデバイスを買い換える中で一番コイツが値段分の価値があったのではないかと思ってしまいます。なぜ売っている時はは不人気だったのか不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月30日 (木)

S21HT苦難 その③ 幸せモードへ突入

S21HTにBT(DUN)の設定が終わったことで、手持ちのLOOXU50、IPAQ212の使用が非常に楽になりました。特にIPAQ212では通信カードの電力供給問題のため、以前は何度もバッテリー切れを起こし肝心なところでは使用できなかったのが嘘のようです。3日たってもバッテリーがある。^^

問題はS21HTのバッテリーの持ちが心配ですが、         ROWAにあるバッテリーを購入することで問題は解決しそうです。2個セットがお得かな。大容量にするか標準にするか・・・

S21ht_5

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

S21HT苦難 その②

IPAQ212とS21HTをBlutoothDunで接続するために、他のサイトを参照。

手順的には試行錯誤をしたものを掲載しています。ここに辿り着くまで約一ヶ月かかりました。プリベイトSIMでなければ先人の偉大な功績でもっと楽に済んでいたはずです。謎は山のように残っていますが現時点では安定してDUN接続できています。

【S21HT側】                                          WM6_BT_DUN.cabをインストールしてCGDCONT.zipをPCで解凍してその中身をTREでインストールします。

S11HTレジストリをTREなどのレジストリエディタで開き,HKLM\Drivers\Unimodem\Init

に新規String値「3」を作って,値にAT+CGDCONT=1,"IP","rtc.data","",0,0                           そして忘れずにソフトリセット

【WindowsMobile6クライアント側】                                               WindowsMobile6以降ではモデムの初期化コマンドを入れられないため一度はつながってもS21HT側をリセットするとつながらなくなります。その初期化コマンドを入力したレジストリを移植する必要があるのですがemobiletest.zipなどネット上にあるものは初期化コマンドの中がenb.ne.jpのものばかり・・・ 手持ちのW-ZERO3で作りましたが、よくよく考えたらbluetoothが使えないのでW-SIMで作っても使えませんでした。ここに気づくまで2週間TT。しょうがないので以前作った妄想6.1aximをWM5に戻し、rtc.dataに書き換えたものを作成してBT(DUN)接続に成功しました。簡単に書きましたが先人の分析などを参考にやっと成功しました。本当に先人の方たちのおかげです。間違いなどがあるかもしれませんが自分の為のメモとして残しておきます。rtc.dataに書き換えたクライアント用のレジストリが必要な方がおられたらアップをしようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S21HT苦難 その①

IpodTouchでの利用を考えてWiFiRouterをインストール。日本語版も出ていたためそちらをインストールしてTouchから接続。早い早いと喜んでいたのもつかの間、IPAQ212とaximX51vで接続するとつながってもすぐにアクセスポイントを再度探しに行き、ブラウジングをできる状態ではない!!なぜ???? 他のサイトでもぜんぜんそんな話はでていないのに!少しの間でもつながったということはWEPキーの間違いではないはず・・・   なのになぜーーーーーー  1週間たった今でも解決できていませんTT

誰か教えてください・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S21HTの主目的とその後の苦難

イーモバイルを契約した理由に通信速度の速さがありますが、自宅で計測してみると500K前後の速度でした。会社では1.4Mを記録したこともあります。そう聞くと遅いじゃないかといわれる方もいるかもしれませんが、AUを使用していると計測サイトで894Kをマークしても一定時間の通信でお仕置きタイムが発動して低速へと移行します。また一定時間後に高速に移りまた低速へという繰り返してす。ただイーモバイルは現時点ではそういった意味での規制はしていませんので、その速度が持続するため、非常に速く感じます。とくに画像が多いサイトに行くと高速、低速の繰り返してストレスの元でした。AUの定額通信カードはエリアが非常に広いのが一番の利点だと考えるひと向けではないでしょうか。私はずっとウィルコムのスマートフォンユーザーの為、高速通信のできるスマートフォンに憧れていましたがAUがなかなか出さないためシビレを切らしたのとAUのE30、料金設定、お仕置きタイム、これから先も最新型が出ないかもしれないしサービスも向上しないかもしれないという気がしたための乗り換えです。今回S21HTを購入した目的ですが、

☆高速通信

☆BlueTooth Dun

が一番の目的です。特にBluetoothDunはずっと欲しかったのですが、京ポン2以来、ZERO3系にも搭載されることはありませんでした、WiFirouterという神ソフトも登場しましたが、消費電力などの問題の為、緊急用としてしか使用しませんでした。ですが今回、BuletoothDun(非公式)が使用できることが、うれしくてこの端末にしました。しかも京ポン2ではできなかった、端末に触れずに接続可能というところが素晴らしい!!!ただプリベイト契約SIMのため、ここに行き着くまで一ヶ月近く費やしましたので、次回より少しずつ自分の為のメモとして公開をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーモバイル(S21HT)への乗り換え

某月某日、気がつくと我が家にS21HTが到着していました。といっても契約をしたのではなく白ロム購入です。本来ならこいつを持って代理店で契約ができれば一番いいのですが、現時点ではSIMだけの契約ができないためプリベイトSIMでの運用を考えていました。S21ht

端末を購入して月々分割で払うよりは白ロムで安い本体を購入して月々の支払いを減らすほうが心理的に安い気がします。またプリベイト契約であれば契約をやめたくなっても特に事務手数料や違約金、最低料金を払わなくていいのも利点です。アウトレットでD01NXⅡを購入して30日定額をチャージしていますが、D01NXⅡで運用するよりはS21HTで使用することが非常に多いです。95%がS21HT 5%がD01NXⅡぐらいかな・・・・ たぶんD01NXⅡの使用頻度が上がることはないと思います。理由としてはS21HTが非常によくできた端末であるということが大きいです。いままでWS003 WS011 WS020 aximX51V IPAQ212などを使用していましたがいろいろな部分でどうしても不満がありました。どの端末も出来が悪いわけでなくないものねだりをしてしまうための不満です。例えば、フルキーボード、BluetoothDun(非公式) VGA以上 CPU 重量 液晶サイズ コンパクトさ、どれをとっても完全には共存できないものです。ただこの端末は軽量、コンパクト、重量、BluetoothDun(非公式)、定額プランなどにしぼり十分に満足できるものになっていますし、もしそれ以上のものがほしければ別のものを持っていくことができるぐらいコンパクトです。唯一の不満があるとすれば電池の持ちぐらいだと思います。自分の中では神端末といっても言いぐらいの傑作です。非公式ですがBluetoothDunに対応している時点で非常に使い勝手がよく手放せない状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

通信体制の見直し②

通信体制を

自分の独断と偏見(下記表)に基づき変更することにしました。

キャリア   エリア  速度  料金 

WILLCOM   ○    △    ○

AU(W05K)  ◎     ○     ×

イーモバイル   △    ◎   ○       

【結果】

WILLCOM&AU(W05K)からWILLCOM+イーモバイルに変更することにしました。エリア、速度を比較した結果、エリアはWILLCOMでカバーして通常のエリアの速度はイーモバイルで補うことに決めました。競合する項目が多いのは無駄だと気づきました。今回の変更の理由の中で、WILLCOMを残した理由は解約時に機種代の残債がまだ4万円近く残っていること、WILLCOM03が非常に便利、彼女がWILLCOM持ち、AUは違約金が発生してもポイントで相殺できほとんどお金がかからないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

DIMEに出ていたあれが・・・・

090415_willcom184x138

DIMEに出ていたあのモバイルがついに発表!回線を減らすことを考えているのにスペックを見るとものすごくほしくなります。

以下詳細

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20391713,00.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«通信体制の見直しについて